RSF 放射線安全フォーラム
イベントの予定

下記イベントの受付は終了しました。

2017年 2月 18日(土) 13:30 〜 17:00
■第51回 放射線防護研究会 「様々な物質の放射線防護について考える」

開催趣旨 :
 本研究会ではこれまで、ヒトの放射線防護や安全に関わるテーマを紹介し、討論を行って参りました。
 放射線は、物質に新たな性質を付与する手段として、様々な分野で利用されておりますが、高度に集積された回路に損傷を与え、コンピュータや様々な電子機器に誤動作を生じさせる原因となることもあります。 最近、車の自動運転などに代表されるように人工知能の利用がさかんになってきており、放射線防護も人体以外の機能体への防護を考えていく時期にさしかかっているのかもしれません。
 今回の放射線防護研究会は、様々な物質の放射線防護について考えるというテーマで、物質そのものも放射線に影響を受けると言う観点から、現在の放射線影響研究の現状や成果に焦点を当てます。
大島 武氏からは原子力分野、池上 陽一氏からは加速器分野で進められてきた最新の研究をご紹介いただきます。


1. 日時、場所
日時 : 2017年 2月 18日 (土) 13:30 〜 17:00
場所 : 株式会社千代田テクノル本社ビル 2階 会議室
     (東京都文京区湯島1-7-12 千代田御茶の水ビル)

2. プログラム
司 会:  桝本 和義 NPO放射線安全フォーラム理事

講 演:
  (1) 半導体デバイスの放射線影響‐原子力用の超耐放射線性半導体デバイス開発を目指して‐
     大島 武
     量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所 先端機能材料研究部
     プロジェクトリーダー
  (2) ATLAS実験における半導体飛跡検出器の設計に関わる放射線防護対策
     池上 陽一
     高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 講師

コメント:高橋 浩之 NPO放射線安全フォーラム理事長(東京大学大学院工学系研究科教授)

総合討論


3. 会費 (放射線安全フォーラム会員は無料です。)
一般: 3,000円、 学生: 500円 (受付時に学生証をご提示ください)



■終了したイベントの記録はこちらです。 → 【イベントの記録】